先日、日本中が喜んだラグビーの試合結果、強豪南アフリカに勝利しました!この話題ももちろんですが、それよりも目を見張ったのは、代表メンバーの中にピアノ演奏が趣味という選手がいたということです!

福岡堅樹選手は50mを5秒台で走る俊足ウィング。ピアノは中学3年生まで習っていたようで、雑誌の取材でも発表会での緊張感の話をしています。

テレビでのニュース番組では、ピアノを弾くことで、リズム感や指先を使うことでボールさばきに役立っている、というような話をしていました。

スポーツ選手では、他に競泳の入江陵介さんやサッカーの斎藤陽介選手がいます。こちらのサイトでは、サッカーとピアノの関係を話題に取り上げていますよ。

お子さんのスポーツクラブ活動に力を入れているお父さん、お母さん、ピアノがお子さんの「思わぬ才能」を開花させてくれるかもしれませんよ(^o^)。

アバター
教室の代表者です。私の夢は、生徒さんが自分で演奏したい曲を見つけて、自分でアレンジして、楽譜を作って、周りの人に聴かせてあげるようになってくれることです。どんな人でも音楽を作る才能を生まれたときから持っています。鼻歌を歌うように口笛を吹くようにピアノを弾けるようになったら素敵だと思いませんか?この教室とサイトを通じて沢山のピアノファンの皆さまと出会えたらと思います。よろしくお願いします!一級ピアノ調律師。三女の父です。