ピアノ通じ東北支援の西宮市職員、米国で演奏披露し謝意

こちらの記事の方は、市役所の職員として働きながらピアノの練習を続け、国際コンクールで入賞するほどの実力者。趣味の範囲を大きく超えた、かなり熱烈なピアノファンの方とお見受けします。

しかし、熱意や傾倒する時間についてはさておき、忙しい合間をぬってピアノを続けているピアノ愛には感服します。ピアノ屋さん、ピアノ教室としては嬉しい話題です。

上手になったかどうかは大した問題ではなく、今日ピアノに触ったかどうか、「今日はピアノ弾けなかった(TT)」、「今日はピアノ触った(^O^)!!」を繰り返しながら、しばらく時間が経ったときにふと振り返ったら「こんなに弾けるようになってたんだ」と思えるのが大きな喜びだと思います。

一朝一夕とはいきませんが、この神戸の方のようにお仕事をしながらでも続けていけるのがいいですね。

アバター
教室の代表者です。私の夢は、生徒さんが自分で演奏したい曲を見つけて、自分でアレンジして、楽譜を作って、周りの人に聴かせてあげるようになってくれることです。どんな人でも音楽を作る才能を生まれたときから持っています。鼻歌を歌うように口笛を吹くようにピアノを弾けるようになったら素敵だと思いませんか?この教室とサイトを通じて沢山のピアノファンの皆さまと出会えたらと思います。よろしくお願いします!一級ピアノ調律師。三女の父です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。