TEPPEN、芸能人No.1ピアニスト

帰宅してテレビをつけたら偶然放送していたテレビ番組。アイドル、モデル、俳優さんたちが、自分でアレンジしたピアノ曲を披露するコンペが行われていました。

以前にも似たような番組があって、それはクラシックの名曲を弾いて単純にミスの数でポイントを競うというものだったけど、今回は自分のアレンジと自由な演奏というエンターテイメント性の高い内容だと思い、見ることにしました。

そうしたら演奏者さんたちのレベルの高いこと!プロフィールを見たら音大卒業の人も現役の人もいたりで、なるほどの納得。さらに驚いたのはクラシック音楽から得たであろう演奏技術、フレーズがふんだんに使われていて、転調や一部リハーモナイズもあってアイディアも豊富。アレンジャーとしても一級の作品だったと思います。現代の人気曲を選んでいるところも聴衆を惹きつける要因となっていたでしょう。

しかし忘れてはいけないのは、演奏技術、ハーモニー、ピアニストらしい音の構成の組み立て方は紛れもなくクラシック音楽の練習を重ね、他のジャンルも含め多くの音楽を聴いてきた経験の賜物であることです。

音楽は一朝一夕で生み出せるものではないけど、豊かな想像力に訓練の努力と経験が交わることで素晴らしい芸術作品が生まれることを知りました。

優勝者は一人だったけど、どなたも敗退者とするには惜しい作品と演奏でした。感動をありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。