自分自身が三女の父親であるからか、幼児の女の子とのコミュニケーションはそれなりにとれているようで、子供たちと日々楽しくピアノを弾いています。

とっても面白いのは、みんな個性が様々であること。音符を早く読める子、4表紙を数えるのが上手な子、打鍵が強い子。みんな多種多様です。

だからこちらからの問いかけに対する反応にはとても神経をとがらせます。そして、予想もしない反応には可能な限りダメ出しはしません。こちらの考えと、生徒ちゃんの受け止め方にずれがあったときに、「違う」といいきるのは早いのです。こちらの投げたボールが、相手にまっすぐに届いたのか、相手はよそ見していたのか、投げたとたんに相手が動いてずれたのか、そもそもこちらが相手の位置を正確に把握できていなかったのか・・・。

そういったコミュニケーションがワンパターンですまないところがおもしろい。だからこちらも毎日がアドリブです。それでいて目指すところはブレてはいけない。

♪♪♪この先は生徒さん向けのコンテンツとなります。♪♪♪

©2009-2020 南国ピアノスタジオ - All Rights Reserved.

お問い合わせ

ご質問などございましたら、こちらからお送りいただけます。 順次お返事を差し上げますので、しばらくお待ちください。

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?