ツェルニー・ピアノ・コンクール

ツェルニー・ピアノ・コンクールのご案内をいただきましたので、こちらでもご紹介させていただきます。

私個人では、クラシックピアノの練習の過程でツェルニーは40番の最初くらいまで続けました。エチュードって、ひたすら同じようなことの繰り返しだとか敬遠されがちな側面もありますが、むしろ指の体操、限界へのチャレンジ、というようなある種スポーツとして楽しめるようになっていきました。そして、単調な曲を如何に面白く表現するか、というのも演奏者の一つのチャレンジになるという楽しみも見つけました。

コンクールということで、技術もさることながら思いもよらない演奏を披露してくれる人があらわれてくれたら楽しいですね(コンクールの主旨に沿っていなかったらすみません)。

0 Comments

返信しますか?

メールアドレスが公開されることはありません。

©2009-2020 南国ピアノスタジオ - All Rights Reserved.

お問い合わせ

ご質問などございましたら、こちらからお送りいただけます。 順次お返事を差し上げますので、しばらくお待ちください。 ヘルプページもご活用ください。

Sending
または

ログイン

または    

Forgot your details?

または

Create Account