インターバル 定義の方法

オンライン学習を最初から見たい方はこちら
このコースのトップはこちら

インターバル、音と音の間隔は、数字とアルファベットを使って定義していきます。

インターバルを知ることは、音と音の関係を論理的に理解することです。小さい頃から音楽に親しんで優れた音感を身につけた人は、聴覚のみで和音やメロディを解釈できますが、インターバルの論理を把握していれば聴覚を補うことができます。英語を母国語とする人のように英会話ができなくても、辞書で調べながら解釈できる、というようなものだとおもってもらっていいと思います。

「度」を単位とする数字での定義

スケールの始点からオクターブまでに数字を割り当てることで、どのキーでも関係なくインターバルを指すことができます。

たとえば、

Cメジャースケールは

C D E F G A B C

これに、

1 2 3 4 5 6 7 8

と番号をふります。

そうすると、Cメジャースケールで3度は「E」ということになります。

ではDメジャースケールの3度の音名は何でしょうか。Dを1度として、3番目の音はD、E、F#…F#がDメジャースケールの3度ということになります。

1度、2度、3度、4度、5度、6度、7度、8度。
8度がオクターブです。

さらにこれらの数字で表すインターバルには「接頭語」が付きます。それはなぜか?

メジャースケールの3度と
マイナースケールの3度

は、それぞれ違う響きになるからです。

その違いを分類する方法を以下に記します。

1. 明るい・暗いを表す音の関係

まず2つの音の響きを聞いたとき、それが明るく聞こえるか、暗く聞こえるかに分類されます。これは、スケールなどと同様に日本語では「長」「短」、英語では「メジャー(Major)」「マイナー(minor)」と書きます。

メジャーインターバルとマイナーインターバルは半音違いの関係で、メジャーインターバルはマイナーインターバルより半音高く、マイナーインターバルはメジャーインターバルより半音低いです。

メジャー、マイナーが付くインターバルは、1度〜8度の中で、2度、3度、6度、7度です。

2. 明るい・暗いに関係ない音の関係

中には、明るさ暗さという表現に該当しないインターバルもあります。これらは「完全」といわれ、英語では「パーフェクト(Perfect)」と呼ばれます。

1度〜8度のインターバルでは、4度と5度が長短、明るい暗いに影響されないインターバルです。

補足ですが、1度と8度もメジャー・マイナーに影響されないインターバルで完全8度ということもありますが、どちらかといえば1度をユニゾン、8度をオクターブとするのが一般的かと思われます。

3. 増・減というイレギュラー

下の図にメジャー、マイナー、パーフェクトのインターバルの関係を記してみました。実はそこから更に変化させたインターバルもあります。「増(オーギュメンティド, Augented)」「減(ディミニッシュト, diminished)」と呼ばれます。これらは通常スケールの中に収まっていないインターバルなので、例外ではあるのですが、これら例外があることで音楽に深みを与え、意外性を生み、感動の引き起こします。

実際に和音を奏でるようになったら、実践していきましょう!

アンケート

ご回答内容は公開せず、今後の運営の参考にさせていただきます。ご協力をお願いいたします。

この解説のわかりやすさを5点満点で評価してください。
54321

評価の理由、ご意見、ご要望などありましたらお聞かせください。ご質問はユーザー登録後、フォーラムよりお願いします。

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

このコースは:音符を使わないコード弾きピアノ講座
0 Comments

返信しますか?

メールアドレスが公開されることはありません。

©2009-2020 南国ピアノスタジオ - All Rights Reserved.

お問い合わせ

ご質問などございましたら、こちらからお送りいただけます。 順次お返事を差し上げますので、しばらくお待ちください。 ヘルプページもご活用ください。

Sending
または

ログイン

または    

Forgot your details?

または

Create Account