二和音

オンライン学習を最初から見たい方はこちら
このコースのトップはこちら

和音を作っていきます。その最初のステップとして、シンプルに2つの音で和音を作っていきましょう!

読んでみて、音を出してみて、「なぜ?」と思うかもしれませんが、今のところは「こういうものなんだ」というふうに受け止めてくださいm(_ _)m。

目次

3度

あるキーでの1度と3度、2度と4度というような組み合わせを2オクターブ弾いていったものを表にしてみました。

34567123456712
12345671234567

それをCメジャーのキーに置き換えると以下のような音名になります。
注目して欲しい点は、それぞれの3度がM(メジャー)かm(マイナー)に分かれるというところです。これ、すごく大事です。

EFGABCDEFGABCD
CDEFGABCDEFGAB
M or mMmmMMmmMmmMMmm

表のとおりに音を出すと、下の動画のようになります。実際にご自分の楽器でも音を出して、どれがMでどれがmなのか確認してみてください(指使いは見やすいようにやっているものなので参考にしないでください!)。

5度

5度の場合は下のようになります。

56712345671234
12345671234567

5度の場合は、P(パーフェクト:完全)なのか、d(ディミニッシュ:減)なのかに分かれます。シンプルに、7度の4度の組み合わせ以外はすべてPです。この7度と4度のdが様々な場面で重要な役割を果たします。ご期待ください!

GABCDEFGABCDEF
CDEFGABCDEFGAB
P or dPPPPPPdPPPPPPd

こちらも音を出してみてくださいね。

7度

そして最後は7度です。

71234567123456
12345671234567

7度はMなのかmなのかに分かれていきます。表では以下のとおりです。

BCDEFGABCDEFGA
CDEFGABCDEFGAB
M or mMmmMmmmMmmMmmm

こちらでも音をだしてみてください。ただし、動画での指使いは見やすいようにやったものなので、マネはしないことをお勧めします^^。

まとめ

以上、3種類の2和音をCメジャーキーでご紹介しました。この時点で、すべてのキーを弾けるようになっていればこれらの2和音もすべてのキーで弾けると思います。これらのM、m、P、dの関係が、後々コードを理解する上で大切な資料になります。三和音の後でここに戻ってもいいかもしれません。

アンケート

ご回答内容は公開せず、今後の運営の参考にさせていただきます。ご協力をお願いいたします。

この解説のわかりやすさを5点満点で評価してください。
54321

評価の理由、ご意見、ご要望などありましたらお聞かせください。ご質問はユーザー登録後、フォーラムよりお願いします。

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

このコースは:音符を使わないコード弾きピアノ講座
0 Comments

返信しますか?

メールアドレスが公開されることはありません。

©2009-2020 南国ピアノスタジオ - All Rights Reserved.

お問い合わせ

ご質問などございましたら、こちらからお送りいただけます。 順次お返事を差し上げますので、しばらくお待ちください。 ヘルプページもご活用ください。

Sending
または

ログイン

または    

Forgot your details?

または

Create Account