「学校」をつくり直す

教育哲学者の苫野一徳さんの著書の一つ。2019年刊行の本です。

学校がおかしい。不登校やいじめをなくすにはどうしたらよいのか。研究を重ねた氏が、哲学の観点から「そもそも学校とは一体何か」「教育とは何か」という原点まで掘り下げ、本質的に見直すことでこれからの学校の在り方を提案しています。

そしてそれらは彼自身の発案だけでなく、全国様々なところで行われている教育改革の事例を取り上げながら、現実的に可能なんだということを示しています。

学校関係者だけでなく、お子さんにどのような教育を与えてあげるのが良いのか悩んでいる保護者の方々にもおすすめの一冊です。

©2009-2020 南国ピアノスタジオ - All Rights Reserved.

お問い合わせ

ご質問などございましたら、こちらからお送りいただけます。 順次お返事を差し上げますので、しばらくお待ちください。 ヘルプページもご活用ください。

Sending
または

ログイン

または    

Forgot your details?

または

Create Account