登録

北前楽団
(バイオリンアンサンブル教室)

北前楽団は、南国ピアノスタジオの生徒さんで構成しているバイオリンアンサンブルグループです。 ピアノには機会の少ないアンサンブルを体験してもらいたい思いで生徒さんや保護者さんにお声掛けしたところ、多くの方に興味を持っていただき2022年7月よりスタートしました。

メンバー募集中!!

幼児から参加できます。

初心者、バイオリン未経験でも丁寧に指導します。

楽団の全体練習に加え、個人レッスンも受講できます。

楽団のおすすめポイント!

バイオリンにはピアノにはないメリットがあります。

みんなで演奏する楽しみ

なんといっても楽団は友達を作る場として最高です。いっしょに練習して、いっしょにイベントに参加したり、仲間と音楽を通して喜怒哀楽を共有できる素晴らしい思い出作りになります!

楽器を持って運べる

ピアノは持って運べない。バイオリンは楽器を自分で運ばなければいけない。受け止め方は様々ですが、自分の楽器を持つことにより、楽器と友達になれます。

周りの音を聴く習慣が備わる

他人といっしょに演奏するから、合わせることを意識するようになります。言い換えると、外部に向けてアンテナを伸ばせるようになります。メトロノームを使い始めるとき合わせるのに苦労する子は多いですが、アンサンブル経験があると対応が早いです。

ピアノより耳が良くなる

指板の上で正しい位置を探す必要があるため、ピアノより音程にシビアになれます。日々の練習でピアノなどと一緒に弾いてあげると、より正確に聞き分ける能力が備わります。

ピアノより簡単な面もある

バイオリンは左手で握る範囲で2オクターブ以上の音域をカバーできます。対してピアノには子供用のサイズもないですし、2オクターブの音域は35cmほどの鍵盤を行き来しなくてはなりません。バイオリンの方がピアノよりも早く複雑なメロディに対応できるようになリます。

ひとりひとり楽器の適性が違う

楽団に参加しているメンバーでもピアノの方が簡単という子もいればバイオリンの方が簡単という子もいて様々です。サッカーのポジションのように、個人の性格によって得意になる楽器も様々です。ピアノのように音楽全体をコントロールする楽器と、全体の中の一人になるようなソリスト向けの楽器と両方経験するのは良いことだと思います。

普段の活動

  • 全体練習(隔週土曜日15:30~17:30、北谷町北前公民館)
  • ピアノ教室での練習(毎週水曜日18:00〜19:00、隔週金曜日17:00〜18:00)
  • 個人レッスンによるひとりひとりの指導

参加費用

  • 入会金3,300円(税込)
  • 参加費
    隔週土曜 月額3,000円(税込)
  • 個人レッスン1回30分2,000円(税込)(予約制、受講は任意)

楽器代、消耗品

バイオリンはお金がかかると言われますが、できるだけ費用は抑えています。中古では1つ当たり13,200円(税込)から準備が可能です。子供用サイズから大人用まで7段階あり、身長に応じてサイズが変わります。おさがりなど年下の子へ譲りながら極力出費が大きくならないようにします。
144cm 4/4サイズ(フルサイズ、大人用)
135~144cm 3/4
127~135cm 1/2
117~127cm 1/4
110~117cm 1/8
105~110cm 1/10
105cm以下1/16