ピアノ教室の待合室に置かれたデスク。今までパソコン置き場でしたが、撤去したのでただのデスクになりました。

でも本当はただのデスクなんかじゃありません。

手前のフタを持ち上げると、何と鍵盤が出てきます。元々はピアノだったのですが、修理しても採算が合わなそうだったため解体することに。この古いピアノは高品質な木で作られているため、鍵盤だけ残してデスク件無音鍵盤に生まれ変わりました。

昔のアメリカなどでは、練習用に音が出ない鍵盤を使っていたそうです。もちろん、電子ピアノなどない時代でしたから、こうやって想像力を膨らませていたのですね。

レッスン待ちの生徒さんにはどなたにも触っていただけます。ただ、カタカタ音がするから、使う前に先生に相談してくださいね。

アバター
教室の代表者です。私の夢は、生徒さんが自分で演奏したい曲を見つけて、自分でアレンジして、楽譜を作って、周りの人に聴かせてあげるようになってくれることです。どんな人でも音楽を作る才能を生まれたときから持っています。鼻歌を歌うように口笛を吹くようにピアノを弾けるようになったら素敵だと思いませんか?この教室とサイトを通じて沢山のピアノファンの皆さまと出会えたらと思います。よろしくお願いします!一級ピアノ調律師。三女の父です。